ザ・ソフトドリンク

あらゆるソフトドリンクについて紹介していきます。

コーヒー

「BOSS ゴールデンタイム」深煎りのコク

C727D7B4-30F0-4DB7-A5B0-FBCA3BC98F16

「BOSS ゴールデンタイム」のホットを飲んでみて、深煎りだけあってコーヒーの味が奥深く渋みもある。
そして、ミルクの部分で少し甘みがあり、ちょうどいい具合の仕上がりになっていると思う。

ラベルには「400回を超える試行錯誤で辿り着いた火入れの黄金比“ゴールデン焙煎”。深煎りのコクを存分に味わえる、缶コーヒーを愉しむ“ゴールデンタイム”にふさわしい一杯です。」と書いてある。

私が買ったのは自動販売機で格安の80円(税込)だった。


製品情報
●品名 コーヒー
●原材料名 牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー(ブラジル産高級豆80%)、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料
●内容量 185g
●販売者 サントリーフーズ

「CRAFT BOSS ポケットラテ 甘くないラテ」ミルクのコク

2F2E43C4-D2F4-4416-B89E-F214D151CA25

「CRAFT BOSS ポケットラテ 甘くないラテ」のコールドを飲んでみて、牛乳が入っているもののほぼ甘みがなく、すっきりしている。
コーヒーの苦味を牛乳が少し和らげる程度といっていい。

私が買ったのはファミリーマートで138円(税込)だった。


製品情報
●品名 コーヒー飲料
●原材料名 牛乳(国内製造)、コーヒー、乳製品、食用油脂、ぶどう糖、乳糖/乳化剤、香料、カゼインNa
●内容量 280ml
●販売者 サントリーフーズ

「タリーズコーヒー ブラジル100% クリアビター 」コーヒーを味わう甘さ控えめ微糖

0B627D0E-2E71-4E46-BCE5-E73667A54E4B

「タリーズコーヒー ブラジル100% クリアビター」のコールドを飲んでみて、クリアな分、コーヒーの苦味があるもののすっきり飲める。
甘さ控えめという割には、飲んだ後に思った以上に甘さが残るのが少し気になった。

ラベルには「ブラジル豆のコクをすっきりと愉しむ、新しい美味しさの微糖コーヒー。」と書いてある。

私が買ったのはファミリーマートで129円(税込)だった。

製品情報
●品名 コーヒー
●原材料名 牛乳(生乳(日本))、砂糖、コーヒー/乳化剤、カゼインNa(乳由来)
●内容量 370ml
●販売者 伊藤園

「ワンダ 濃いめ」コーヒー・牛乳110%

863D3CE5-532A-44B3-8E72-452BA71EAD91

「ワンダ 濃いめ」のコールドを飲んでみて、コーヒー豆と牛乳を110%に増量しているとはいえ、そんなに濃い印象はなく味が締まった感じである。
甘さが少し抑えられている。

私が買ったのはローソンで123円(税込)だった。

製品情報
●名称 コーヒー
●原材料名 牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、セルロース
●内容量 165g
●製造者 アサヒ飲料

「スターバックス スウィートポテトラテ」コンビニ限定

4FFC9C72-3F17-4E22-9153-EA4FACFD11BC

 「スターバックス スウィートポテトラテ」のコールドを飲んでみて、コーヒーの苦味とラテの甘みが程よくマッチしていて、スウィートポテトの風味が後から効いてくる。
やはり秋らしい味を感じた。
ハロウィンをイメージしたカップのイラストもこの時期らしい。

カップの横にはストローも付いている。

カロリーは1本(200ml)あたり148Kcal。

ラベルには「スウィートポテトの芳醇な香りに、風味豊かなコーヒーとクリーミーなミルクを合わせました。秋を彩る甘く贅沢なラテをお楽しみください。スターバックスが厳選したコーヒー豆を使用しています。」と書いてある。

製造者は高梨乳業岡山工場。

私が買ったのはファミリーマートで216円(税込)だった。

製品情報
●種類別名称 乳飲料
●原材料名 生乳(50%未満)(国産)、乳製品、砂糖、コーヒー/香料、pH調整剤、カゼインNa、乳化剤
●内容量 200ml
●販売者 サントリー食品インターナショナル